<< 忘れかけていた無邪気な感動! | main | ある日のお抱えシェフ… >>

さぁ〜ワインの勉強だぁー!



 Leçon 1 

❶瓶の形


下の2種類の瓶を見て!





左のデブッチョ瓶がブルゴーニュ地方のワインだよ。

右のスマート瓶がボルドー地方のワインだよ。



知ってた?

地方で瓶の形を分けてるんだよ!


じゃ〜シャンパーニュ地方は?




❷シャンパーニュ地方の...


よく耳にする『シャンパン』

これはシャンパーニュ地方で作られた 発泡性ワイン』のことなんだ。


シャンパーニュ地方は、フランスのブドウ栽培では北の端っこ地帯で、パリから東に約150Kmに位置するんだよ。

この地方は本来ブドウにとってはかなり厳しい気候条件なんだけど、シャンパンのような特殊酒にとっては、この厳しさこそ美味しいシャンパンをつくる為の好条件なんだ! 

あっちではマイナス要因だったものがこっちではプラス要因に作用しちゃう。人生と同じで、いや〜判んないもんだね〜。


さて、シャンパーニュ地方以外にも泡の立つ発泡性ワインはあるよね。

でも『シャンパン』と呼べるのシャンパーニュ地方のものだけ



だからシャンパーニュ地方以外の発泡性ワインのことはパークリングワイン』と呼ばれているんだよ。




シャンパンの原型ができたのは17世紀半ばまでさかのぼるんだ。

その昔、シャンパーニュ地方マルヌ県オーヴィレール村にある、ベネディクト派僧院にドン・ペリニョンという酒倉庫係僧侶がいたんだ。

彼は当時使われ始めたコルク栓を、たまたま発酵の完了していないワインに使い、たまたまそのコルク栓したワインを、これまた何の気無しに放置しちゃったらしいんだよ〜。




そしたら瓶の中でワインが再発酵!





ある日突然、その瞬間はやってきた!




のんでみたら、もっとびっくり!




こんな感じの偶然で、後のシャンパンに繋がる発泡性ワインの原型が生まれたんだってさ!

これはまさしく、日本語でいう『ひょうたんから駒』ってやつだよね!

やったね!ドン・ペリニョン!




さあ、ちょっとはワインを楽しむ参考になったかな〜? 


では Leçon 2 に行く?

それともつまんない?





コメント
オモロー!!
  • 炭水化物ミッキー
  • 2010/05/31 11:03 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック