<< パリ祭 | main | 口福の時… >>

さぁ〜ワインの勉強だぁー!レッスン2

 
まずは前回のおさらいだよ
前のレッスンではフランスワインについて2つのことが解ったよね!

1.フランスのワインは生産された地方によって瓶の形が違う

2.シャンパーニュ地方生産のワインだけがシャンパンと呼べる



あれれ?

まだ「これはどっちのワインだっけ?」なんて言ってる人がいるぞ....



.....まあいいか。



さあ!今回のワインレッスンは....


シェリー酒に関するお話だよ!

はじまりはじまり〜



Leçon 2

1.シェリー酒

皆さん、シェリー酒という言葉は聞いた事があるよね!

「もちろん!お酒の中の一つだよ!」

そう答える人が殆どかも??

でもね、知ってた?
このシェリー酒も、実はワインなんだよ!


『シャンパーニュ地方生産のワイン』を
『シャンパン』と呼ぶのと同じように、

『スペイン南部のアンダルシア地方産の強化白ワイン』を
『シェリー酒』と呼ぶんだ。




『シェリー』の名を使用できる産地はとても限定されている!

アンダルシア地方はガディス県内の町、
へレス周辺の三角地帯を中心とした地域。

この限られた地域で作られた強化白ワインのみが
『シェリー』の名称を使えるんだ。





シェリー酒、飲んだことあるかな?

シェリー酒は食前酒として最高のワインなんだ!
特にTIOPEPE(ティオペペ)』という名のシェリー酒は
最高級の味わいと世界中に認められているんだよ!





ティオペペ

なんか名前可愛いでしょ!
実は日本語で『ぺぺ叔父さん』と云う意味なんだよ!


『こんな雰囲気のおじさんかな〜?』

...なんて、色々想像しながら飲んでみても楽しいかも?



ちなみにアルコール度数は14〜18度位かな〜



あっ!
お酒のアルコール度数って、ちょっと気になるよね!


ここからは全てのワインに共通するラベルの読み方を解説するよ!


2.ラベルの読み方

ちょっと気になるアルコール度数や内容量。


ほら、ラベルの隅っこに訳解らない数字が書いてあるでしょ!
この数字がその答えなんだ。


13% vol. 
これはアルコール度数。
アルコール度数13度という意味。


75 cl 
これは内容量。
cl は、ml の1/10。
...なのでこの数字で記された内容量は750mlということ。


この二つは覚えておきましょう〜
もしかしたら何かの機会に役にたつかもしれませんよ。




では今回ご紹介したTIOPEPE(ティオペペ)是非飲んでみてね。

私のお店でも、8/31迄シャンゼリゼフェアと銘打って
ティオペペ特集をやりますよ〜。

飲みやすいメニューも用意してます。
ティオペペを炭酸水で割ったティオペペボールや
トニックウォーターで割ったティオペペトニックetc....

それから超お得なセットも2つ用意してますよ!
是非いらしてくださいね!

Monsieur






コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック