<< 祝みかん | main | 世界一予約の困難なオーベルジュ ムシュープロデュース >>

日本のワイン

僕のお客様にワインアドバイザーの資格を持つ、メルシャンの人がいます。
『ムシュー!日本のワインもおいしくなったんだよ!』
『日本のワインか . . . 』
『では、マキちゃん。シャトー見学をお願いしたい!』
『わかりました!』

 

 

 

 

『初めまして、シニアワインメーカーのフージです。よろしくお願いします。』
『初めまして、ムシューです。本日はよろしくお願いします。』

 

 

フージさんはぶどうの可能性を信じ、美味しいワインを世の中に送り出すために注力した仲間達、彼等の物語を熱く語る。
話の中から、半端ないワイン造りへの想いがひしひしと伝わってくる。
突然、フージさんが茶目っけたっぷりな笑顔でふりかえる。
どうやらワインにまつわる冗談も好きらしい。

 

自分の経歴を武器とするような話し方を絶対にしないフージさん。
貴方のその真っ直ぐな生き方、素晴らしいです。とても勉強になります。
(後でフージさんの経歴を聞いてみた。やはり凄いお方でした)

 

 

 

日本ワイン情報発信基地
「シャトー・メルシャン」ではご来場いただく人たちのために、日本ワインの魅力や歴史・ブドウ栽培・ワイン造りなどを楽しみながら学べる見学ツアーを用意しているんだ!

 

 

製造責任者のコマゲン君は真面目を絵に描いたような人で、ワインに傾ける情熱も半端じゃない。
手間を惜しまず、葡萄達にストレスを与えず、伝統と近代化をバランス良く融合させた製造工程を熱く語ってくれた。
耳を澄ますと、葡萄達の『幸せですよー』と言う声が聞こえてくるようだよね。

 

 

熟成させている樽を眺める。きれいに並び、まるでショールーム!
(倉庫だなんておこがましくて言えない)
思わず集合写真を頼む。
フージさんも、コマゲン君もマキちゃんも心よく入ってくれました

 

 

皆様の人柄の良さ、ワイン達への情熱を見ていると、きっときっとここで造られたワインは美味しいだろうと想像がつく!
で. . . このワイン達はいつ飲ましてくれるのかなあ??!!
ああ〜!もう待ちきれない. . . と思いつつ、次の部屋に通される。
(おっ!いっぱいグラスが並んでる!やった〜飲めるぞー. . . )

 

...と思ったら、あれ〜ここは素通り〜!?

 

 

次に案内されたのは視聴覚室。貴重な本がいっぱい並んでいる 。

 

 

ビデオがはじまる。古い写真が映し出される。
創業者達. . . なんと明治時代にタキシード姿で凛々しく3人も. . .
2人はフランスへワイン留学!(なるほど、うんうん教わる事が多い。)
えーっ?!あの人は年が若過ぎて留学できなかったの??
きっときっと行きたかったろうになぁ、時代のいたずらかぁ〜
僕も15歳で修行を始めたから〜共感共感…

 

 

つづいて資料館見学。
そして、楽しい楽しいランチ!!

 

 

 

食事をしながらも、フージさんは一緒にワインに関わってきた人たちを誉めちぎる。
少しは自分の自慢話しなさい〜フージさん。貴方凄いひとなんですよ!
(でも〜それがフージさんなんだなぁ〜。)
なんとなく解る、凄い人は隠れていても一番目立つものなのだ!

 

 

 

遂にきました!待ちに待ったテスティングタイム!

 

 

僕の想像通りだった。
フージさん達は『何でもかんでも出せばいいだろ的な仕事』はしなかった。

 

チョイスされたワインリストを見て、僕もキキッっと引き締まる。
ワインは物凄く繊細なお酒。
光、振動、温度、湿度などなどにたっぷりと気を使う必要がある。
暗〜く、揺れのない場所で常に12〜14℃くらい、そして適度な湿度が必要。
温度は、高温であると酸化が強くなり、逆に低温であると熟成が進まないからやっかい。

 

また光や温度以上にワインを変化させてしまうのは空気。
保存一つとっても、ワインが繊細で気難しいお酒というのがわかる。
だから作り手は自分の子供のように惜しみない愛情をワインに注ぐ。
そして一つ一つに個性が生まれる。

 

大切に大切に、手間を惜しまず育てられた味わいに感謝....
そんな気持ちになるテイスティングだった。

 

 

僕が気にいった白ワインは、シャトー・メルシャン甲州きいろ香2011年。
(この子は僕の料理に合わせやすい子)

 

赤ワインは、城の平カベルネ・ソーヴィニヨン2006年。
(まいりました、と云うほど美味しいです)

 

一般的に(葡萄品種として)カベルネソーヴィニヨンは口当たりからの香りが豊かで後味が深い分、口の中での味わいがないと云われるが . . . 

 

なんのなんの、このカベルネソーヴィニヨンは口の中での味わいがしっかりとある!
10年寝かせ、また巡り会いたい。

 

アスパラ?ミント?ユーカリ?ペッパー?香る〜香る!
苦味、渋味、タンニンのバランスも最高のお酒。

 

 

最高の一日をプレゼントしてくれたフージさんとコマゲン君、ありがとうございました。
そして、この日を企画してくれたマキちゃん!
ありがとう!貴女の情熱はしっかりと受け止めました。

 

日本のワイン、素晴らしいです。
もっともっと沢山の人に知ってもらうべきです。
僕も日本のワインをアピールしたいです!!

 

 

 

 

 

いつの間にか外には夕日が . . .
まるでワインの神様が微笑んでるような、そんな夕焼け色の空でした。

 

 

 


コメント
コメントする